• HOME > 毛抜きによる肌トラブル

毛抜きによる肌トラブル

毛抜きでムダ毛処理をすると、一見キレイにムダ毛処理できたように見えますが、毛根につながっている毛細血管を傷つけて出血したり、ばい菌が毛穴から入って炎症を起こす原因になるので注意しましょう。

もし、ムダ毛を毛抜きで処理した後に、毛穴が目立ったり、肌がかゆくなったりすると毛細血管から出血、あるいは炎症を起こしていると考えられます。

炎症が悪化すると、色素沈着を引き起こすこともあります。

その他にも、毛抜きで無理矢理毛を引っ張る事で、毛穴がブツブツと目立ち鳥肌状になることもあります。

また、毛抜きで無理やりムダ毛を抜くの毛根が引っ張られ斜めになると、毛先が正常に生えず皮膚の中に伸びていく埋没毛になりやすくなります。

一般的に、皮膚に弾力がなく毛の生える方向が一定でないワキやビキニラインが埋没毛になりやすいようです。

もし、埋没毛になった場合は、レーザー照射が一番改善されます。
ただし、長期間毛抜きの自己処理によって色素沈着している場合は、レーザー照射では埋没毛は改善されません。


格安ワキ脱毛♪コンテンツ一覧


話題の脱毛ニュース

Lotus Notes