• HOME > 脱毛できない場合

ワキ脱毛できない場合

ワキ脱毛をしようと思っても、生理中であったり、日焼けしている、妊娠中なども脱毛できない場合があります。 また、病院に通院していたり薬を服用している場合でも、病気の内容や薬の種類によっては脱毛できない場合もあります。

【日焼け】
日焼けした状態でレーザー脱毛すると、肌のメラニン色素にレーザーが反応してしまい、毛乳頭だけでなく日焼けした肌にもレーザー照射してしまい火傷を起こす場合があります。

【妊娠中】
妊娠中は女性のホルモンバランスが不安定になり、肌の乾燥やトラブルを起こしやすくなっています。また、精神的にも疲れやすくなっています。
そのため、妊娠中に脱毛処理を受けた場合、湿疹や赤く腫れたり肌トラブルが起こる可能性があります。

【薬・予防接種】
脱毛は体調が良好で、肌が健康な方がお手入れの対象になりますので、薬を服用している場合、通院先の医師の確認が必要になることがあります。
また、予防接種は、体質により体調を崩す方がいますので、接種から数日間は脱毛できない場合があります。。

【飲酒・アルコール】
アルコールは、体温を上昇させるため、肌トラブルを起こす危険性があります。
飲酒後や夜遅くまでお酒を飲んでいる場合は脱毛処理は控えてください。


格安ワキ脱毛♪コンテンツ一覧



話題の脱毛ニュース

Lotus Notes